2017年10月14日土曜日

日本のフラメンコ 南風野香「パドトロワ 白鳥の湖」

芸術の秋。日本人によるフラメンコの劇場公演も目白押し。
その中で目立つのが小松原庸子舞踊団出身者だ。平富恵、谷淑江、石井智子ら毎年のように劇場公演を行っているし、今年からスペイン長期留学する田村陽子も去年までは常連だった。そんな中、今年は南風野香と青木愛子も劇場公演を行う。青木の公演は私のスペイン帰国後で残念ながら観ることが叶わないが、南風野の初めての(だと思う)公演を13日、光が丘IMAホールで観ることができた。

これまでの誰の公園でも見たことのないような、独特な作品である。

名作バレエとして知られる「白鳥の湖」をモチーフにしつつも、そこで展開される物語は、白鳥の湖そのものをフラメンコ化したものなどではない、全くのオリジナルのもの。

簡略化して言うと、バレリーナとして成功し、娘を得た昔のバレエ仲間を羨み、すでに転向していたフラメンコに誘い込み、屈折した復讐を試み、それを果たす、という話。

その女とその昔のバレエ仲間と娘の三人の関係をパドトロワに見立てているというわけなのだろう。
だが、そこに、フラメンコとの神秘的で運命的な出会い、母による娘の支配、娘のスマホへの逃避と依存などのテーマも加わり、また、劇中劇のような発表会はちょっとした息抜きともなる。

そんな複雑な物語を、正確に観客に伝えることの難しさを感じてのことだろう、あらすじが文字で映し出される。一部の最初には場面を表すビデオも挿入されるし、舞台上の実際の人物が映像へと変化するような、プロジェクションマッピング的な試みもあったり。
カルロス・サウラの映画「カルメン」の「カルメン」の制作過程と物語が絡み合う重層構造にもちょっと似ているかもしれない。

音楽は録音と、エミリオ・マジャのフラメンコギターとナタリア・マリンの歌、三枝雄輔のパルマとカホン、2台のトランペット、チェロ、バイオリンによる生演奏。全員が舞台のすぐ下の客席に、オーケストラボックスの感じでいて、観客と同じように舞台を見て、演奏している。チャイコフスキーの白鳥の湖のモチーフがフラメンコギターやトランペットで演奏されたりするのも面白い。

また白鳥の湖の四羽の白鳥をホタで踊った場面と、発表会のシーンで、喧嘩しながら踊るユーモラスなガロティンは出色の出来。真正面から取り組んだフラメンコだけでなく、肩の力を抜いた、こういった応用ができるのは余裕がある証拠だろう。長年の経験はだてじゃない。

小松原舞踊団時代は華奢で繊細な、天使のような透明感、という印象がある南風野なのだが、ここでは百一匹わんちゃんのクルエラのような悪役を嬉々として演じ、好演。
ソロはソレアとタラントの2曲だけだが、構え、というか、立ち姿やちょっとした動きに、彼女の師である小松原の影が見える。一見、似ていない二人だが、ふとした動きやポーズが驚くほど似て見えるのだ。面白い。
その小松原もフラメンコへの道へと導く赤い月の化身として特別出演。圧倒的な存在感だった。
娘役の内城紗良も、母役で友情出演のダンサー、佐々木想美もいい。群舞もしっかりしている。

フラメンコを見慣れた目には、幕開けで見せたバレエ的なマイムの表現力に改めて感心したり、佐々木のコンテンポラリーのソロも新鮮だし、演出でも、客席も舞台になったり、と様々な工夫が凝らされ、小松原舞踊団好演の美術も務める南風野の夫、彼末詩郎の舞台の上の人たちをより美しく見せるような、決して出すぎることない美術もいい。美しい2時間の舞台も飽きることなく観ることができた。

説明の言葉を映写したり、は意見の別れることだろう。舞踊は舞踊だけで、言葉にはできないものを伝える力がある、と私も思う。
初めての舞台で、伝えたいことがありすぎたのかもしれない。
でも今の彼女はこれがやりたかったんだからそれでいい、と思う。
作品の中心の三人はもちろん、舞台上のすべての人が、ものが彼女の化身だったのかもしれない。



2017年10月13日金曜日

日本のフラメンコ 平富恵「Hokusai Flamenco Fantasy葛飾北斎の浮世絵世界」

10月11、12日の両日、日本橋公会堂で3公演が行われた平富恵スペイン舞踊団公演「フラメンコで綴るジャポニズムHokusai Flamenco Fantasy葛飾北斎の浮世絵世界」。
休憩を挟んで2時間超、最近、各地で展覧会が開催されるなどまたブームになっている?北斎の絵をモチーフに、日本語のオリジナル詩で綴っていくという力作、大作。
一見すると、立ち姿の美しい、たおやかな女性だが、その中身は勇気溢れる、男前なフラメンカだ。

最初にビデオで簡単な北斎の紹介があり、今日の作品のモチーフになった絵を見せる。

最初の場面は富獄三十六景。富士山をバックにグラナドスでクラシコエスパニョール。フラメンコだけでなく、常にクラシコへのレスペト、リスペクトを舞台で表現する彼女ならでは。

ゲストはかつてラ・ウニオンのコンクールでも優勝した、エドゥアルド・ゲレーロ。彼のソロは獅子図のイメージで。ジェルバブエナやアイーダ・ゴメス、ロシオ・モリーナ舞踊団で活躍した身体能力抜群のエドァウルドと津軽三味線の浅野祥との絡みが面白い。

続くギターソロはアントニオ・レイ。ミネーラ。技術はあるのだが、曲の構成とか、作曲としてみた場合は今ひとつか。洞窟の中で弾いているようなリバーブには辟易。

鳳凰図をイメージして、黄色のバタ・デ・コーラに青緑?と赤のマントンで平のカンティーニャ。黄色の衣装の胸から腰に付けられた飾りのせいかちょっとインド風にも見える。バタさばき、マントンさばきはさすがの安定感。本当に姿がきれいな人だ。

屏風七小町は、小野小町をモチーフにした7枚の絵、それぞれを踊り手たちのソロで表現していくというもの。グアヒーラ、ファンダンゴ・デ・ウエルバなどそれぞれに曲を変え、工夫を凝らした場面だ。
ここで初めて日本語の歌詞の内容が聞き取れた。それまでも歌われていたのだが、歌詞を聞き取ろうと集中しても聞き取れなかった。書かれて意味がわかる詩でも、歌われて自然に聞き取れるようにするのは難しい。フラメンコはスペイン語のものでも聞き取りはそう簡単ではないのだから普通? いや、でもそれではあえて日本語の歌詞にした意味がない。古風な言葉遣いということもあるだろうが、メロディに乗せて聞き取れる歌詞というところをもう少し考えても良かったのではなかろうか。。グアヒーラで聞き取れたのは、もともと普通の歌に近いメロディと、女性歌手、奥本めぐみの唱歌を歌っているような口跡の良さによるところだろう。あまりフラメンコ的ではないがかえってそれがここでは生きた。一方、この舞台の音楽監督をつとめた石塚は3公演の最終回ということもあって喉の調子が悪いのか、芯がなく音程も乱れがちで非常に残念。

休憩をはさんで百物語の小平二、番町皿屋敷、はんにゃをイメージした場面。ここでもそれぞれの絵を永田健、河野睦、久保田晴菜が踊るというもので、一部の最後の場面に重なる。絵のイメージの衣装やポーズなど工夫しているが、一部の最後と重なるところもあり、どっちかだけでもよかったかも。

春画として有名な「海女と蛸」は平のソロ。エロチックな原作の蛸はマントンに化け、ライトにして、コケティッシュに、ユーモラスに。こういうフラメンコが踊れるのは財産だ。

男浪女浪はフラメンコギターと津軽三味線の競演。浅野はここでもフラメンコに近づこうという姿勢を見せるのだが、アントニオは俺についてこい的姿勢を崩さず非常に残念。フラメンコギターと三味線の共演はこれまでにも行われており、25年以上前にカナーレスやカニサーレスもやっており、仕事で関わったが、どちらも彼らの方からも歩み寄っていた。アルティスタのキャパの問題?

雷神図はブレリアで。アンダルシア舞踊団的マリオ・マジャ的椅子に座って。畳み掛けるサパテアードはなるほど雷鳴のようでもある。

エドゥアルドと平の二人で踊るタラントは、パレハ的な絡みはほぼ皆無。ひたすら二人で同じ振りを踊り続ける。相手すら見ないエドゥアルド。これじゃ二人で踊る意味がない。パレハの振り付けができないわけでもなかろうに。これはおそらくエドゥアルド側の問題。いい踊り手だけど考えてみればがっつりのパレハってあまり踊ってないかも?

最後は青い衣装と白いマントンで波を現した華やかで非常に美しい場面で幕を閉じた。

スペイン人いなくてもよかったんじゃない?っていうのが正直な感想。二人ともいいアルティスタなのだけど、この作品ではミスマッチ?というか、どうしても彼らがいなくてはならない必然性が感じられない。
日本人だけで、日本的なテーマでも十分フラメンコで、スペイン人があえている必要はなかったように思うのだ。

また、日本語でフラメンコを歌うのが無しとは思わない。ジャズだってシャンソンだって日本語で歌うことで世に広まったと云う点もあるし、うまくそうやって広まってくれればむしろうれしい。
けれど、やるからにはきちんと歌詞が聴こえて理解できるように、なおかつフラメンコ曲から抜け出ないようにしてほしい。その二つをしっかり実現することが難しいのはもちろんわかるけど、そうしてこそ、日本語で歌う意味があるのではないだろうか。
スペインの、スペイン語のフラメンコでも歌詞とメロディが合わず聞き取りにくいこともある。発声や歌い方のせいでききとれないこともある。
でもだからと言って、日本語で聞き取れなくてもいい、というわけではないはずだ。
トライする気持ちは素晴らしい。だがだからこそより完璧を目指してほしい。

また群舞ではほぼほぼ全員が正面向いて同じ振りというのが多かったのも残念。自分のおどりだけに集中するだけでなく、群舞の振り付け指導も、というのはハードだろう。だけどやるからには、であろう。そして踊り手としてだけでなく、振付家としてのレベルアップへとつながることだろう。

とにかく美しい大作。制作はさぞや大変だったろう。お疲れ様でした。










2017年10月9日月曜日

ギジェルモ・マックギルen Yokohama Jazz Promnade

横浜のみなとみらい地区で開催されたジャズ祭Yokohama Jazz Promnade。
10月7日8日の二日間、地区のホールや街角で有料無料さまざまなコンサートが開催されるこのフェスティバルに、はるばるスペインからやってきたのがギジェルモ・マックギル。ウルグアイ出身のドラマーであります。
彼の名を聞いたことがあるという人もいるかもしれない。チャノ・ドミンゲスのグループで活躍、私もそこで知り合った。もう20年も前のこと。その後、彼は歌い手で踊り手のアナ・サラサールと結婚。なんてこともあり、フラメンコとも縁が深いジャズマンなのであります。


ランドマークホールのトリとして1時間の演奏。おジャズでございます。それも昨年発売のCD収録の曲中心。聴いていると自然に身体が動いてしまうような感じ。
今回のグループにも、ピアノやサックス、ウッドベースのほか、ヘレスのフラメンコギタリスト、フアン・ディエゴが加わり、フラメンコやラテンなテイストも盛り込んだ、でもよくあるラテンジャズとはちょっと違うギジェルモの世界に酔った一夜でありました。

追加
後日、プログラムを読んでいたら、なんと!亡き堀越千秋画伯へのオマージュのコンサートでフラメンコが加わった公演もあったそうな。

2017年10月8日日曜日

日本のフラメンコ「デ・デリリオス 始まりはいつも妄想」

宮川静代、黒木珠美、井上圭子、塚原利香子。4人の踊り手による舞台「デ・リリオス 始まりはいつも妄想」は10月8日ガルロチで。

黒いお揃いの短めのスカートでのマルティネーテによるオープニング、ミュージシャンたちによるブレリア、踊り手たちそれぞれのソロ、そしてアンダハレオでのフィナーレ、というシンプルな構成。

宮川静代のガロティンは帽子を太鼓のように叩いたりと工夫があって面白い。茶系のチェックのツイードみたいな、キュロット風の幅広パンツは、乗馬にも使う帽子からの連想で乗馬風にしてみたのかな?んー、なら上は白いブラウスとかの方がよいのではないだろうか? 赤とかの黒とかレースとか超ミスマッチな気が。トップスにあわせるなら下は黒のパンタロンかスカートじゃないかなあ。最初の場面が黒いスカートだからかぶりを避けたのだろうか。謎。衣装が気になって踊りどころじゃない。

黒木珠美はソレア。そつなくこなす。丈の短いジャケットを合わせた衣装は、私的にはマヌエラ・カラスコ。一通りこなしてるし、よく動けるけど、なんだろう、もうひとつなにか力強いものが欲しい気もする。さらっとしている感じ。


短い休憩をはさんで、井上圭子はマントンにバタ・デ・コーラでアレグリアス。まだ照明が暗いうちからしっかりバタをさばく。アレグリアスはカディスの曲だが、彼女のアレグリアスはミラグロス・メンヒバル直伝というこよで、いかにもセビージャ!な、優雅で、女性らしく、華やかなアレグリアス。ミラグロスのような表情だけでなく、マティルデみたいな感じも出て来たり。またミラグロスの伴奏でラファエル・ロドリゲスがよくやる、ポピュラーソングを入れるところも、ギターの鈴木淳弘がちゃんとやってくれたので、ミラグロス好きは思わずにやり?これぞフラメンコ!な一曲でありました。最後引っ込むところは半年まえに亡くなったバレエの恩師に踊っているのが伝わってきて涙。いやあいいアレグリアスでした。思いっきりマントン使える、大きな舞台で観たいなあ。

最後は塚原利香子が宝塚の王子様のような白いミリタリー風トップスに黒のパンツ、ブーツでのファルーカ。男装のファルーカは定番だけど、こういうのは初めて。パンタロンについてた飾りが最初の宮川さんの衣装の飾りに似てたので同じ人が衣装担当なのかなあ。歌もカンパニジェーロの歌詞だったり、そして最後はブレリアになるし、ちょっと変わった感じ。いつものファルーカのワンパターンをきらったのかな? 目線が下に落ちがちなのもちょっと気になってしまう。あ、衣装はタイトルの“妄想”なのかな。わかんない。

いろんな人がいていろんなフラメンコがあるんだね。でも一曲だけではまだ見えないものもたくさん。またぜひ舞台やって、みせてください。












2017年9月29日金曜日

日本のフラメンコ「レエンクエントロ・フラメンコ・ライブ」

小島章司フラメンコ舞踊団出身の踊り手たち5人によるレエンクエントロ・フラメンコ・ライブは9月28日南青山マンダラで。


前田可奈子の企画で集まったのは、現在名古屋の萩原朋子、仙台の藤井かおる、鍵田真由美/佐藤浩希や石井智子らの公演にも出演するなど活躍中の松井知也、この中では一番のベテラン時枝典子。90年代後半から2000年ごろに同じ舞台に立っていた仲間たちによる舞台だ。

阿部真のカンテ、松村哲志のギターをバックに、セビジャーナスのオープニングのあと、萩原がティエント/タンゴ、藤井がソレア、松田はグアヒーラ、ブレリアのギターソロを挟んで、時枝のシギリージャ、前田のアレグリアス、最後は全員でタンゴ。
なめらかな動きの萩原、藤井も流麗な動きだがソレアらしい重みもある。松田のグアヒーラは中折れ帽を使って。ソロを見るのは初めてだが、以前より体幹が強くなった感じ。曲も演出で色々できそうで大切にしたい曲だろう。時枝は曲の中に自身がグッと入ってくる感じ。前田のアレグリアスもやはり動きがなめらかで軽やかに。この優美で流麗な動きが小島門下の特徴かもしれない。品がいいんだね。
皆、髪も衣装もきちんと整え、真摯にフラメンコと取り組んでいる、気持ちのいい公演だった。

だが、色々考えさせられたこともないではない。
フラメンコ曲を踊る、ということは、そのフラメンコ曲が持つキャラクターを演じることでもある、と思う。だからその曲が持つ気分、雰囲気、ソレアならシリアスに、シギリージャはソレアよりもっとシリアスで深刻でドラマチックで、アレグリアスなら楽しく明るく、といったものを、その曲を踊る者が、観ている人たちに感じさせねばならない、のではないか。
また小さい会場での目線や表情。客に全部見られるだけに、客を見るのか、その先のずっと遠くを見るのか。客とコミュニケートするべきなのか、異世界に行ってしまうべきか。日本人は全体的に無表情、ポーカーフェイスで何を考えているかわからない、とよく言われるが、踊るときの無表情はどうなんだろう。無機質なフラメンコを表現?うーん。ちょっとした細かい表情も振り付けのうち、なのかもしれない。その曲の気持ちになっていれば自然に出るものなのかな? そこらへんも色々難しそうだ。
他にも、一つの振りの最後をきちんと終えて、句読点を打つようにきちんと止まった方が、見ている方には気持ちが良いと思うのだが、次の振りを考えてか急ぎ足で行ってしまうと、ちょっと残念。構成でも起承転結というか、考えた構成が必要かも。
そういったことも含めて、演出を工夫すると、振り付けとして仕上がっていても、曲としての仕上がりは、もっと良くなるはず。上手な人たちだからこそ、さらに上を目指してほし。うん。フラメンコは難しい。そしてだから面白い。







2017年9月28日木曜日

カフェ・ベルリンのフラメンコ

マドリードのサント・ドミンゴ広場すぐ近くのライブハウス、カフェ・ベルリンでのフラメンコ祭。ライブハウスといえども、リケーニやファルキートなど豪華な顔ぶれ。
始まる時間が23時と遅いですが、予定が合えば是非


















◇第1回クラブ・フラメンコ祭
11/3(金)23時
[出]〈c〉ドゥケンデ
11/4(土)23時「ラ・ギターラ・スエナ」
[出]〈g〉ラファエル・リケーニ
11/10(金)23時「ヘレス・カンタ」
[出]〈c〉マリア・テレモート
11/11(土)23時「ヘレス・カンタ」
[出]〈c〉フアナ・ラ・デル・ピパ、〈g〉マヌエル・パリージャ
11/17(金)、18(土)23時「インティモ」
[出]〈b〉ファルキート
11/24(金)23時「ラ・ギターラ・スエナ」
[出]〈g〉アントニオ・レイ
11/25(土)23時「ラ・ギターラ・スエナ」
[出]〈g〉パケーテ、ディエゴ・デル・モラオ、リカルド・モレーノ
[場]マドリード カフェ・ベルリン

[問]http://berlincafe.es

2017年9月26日火曜日

スペイン国立バレエ団ダンサーたちはクリエートする

たび重ねる日本公演で日本にもファンの多いスペイン国立バレエ団。

来月頭には、マドリードのスペイン国立のスタジオで、国立のダンサーたち、自らが振り付けた作品を公演する。
それが「BNEダンサーはクリエートする」。
文字通り、彼らのクリエーション、創作を発表する場として、5年前に始まり、これまでの出演者の中には退団し、自らのカンパニーでの作品をマドリードで公演した者も。

踊り手としてだけでなく、振付家、クリエーターとしても研鑽を積んでいる彼らの公演を観るためには招待券が必要。

なお、11月には王立劇場で「ソロージャ」、12月には、コンテンポラリーのアントニオ・ルス振付の新作「エレクトラ」が初演予定。スペイン旅行でも予定が合えば是非。






◇BNEダンサーはクリエートする
10/7(土)18時と20時、8(日)18時
[出]〈b〉アルベルト・エルナンデス、サラ・アレバロ、バネサ・ベント、ダニエル・ラモス、マリア・マルティン、タニア・マルティン、アクセル・ガラン、ペドロ・ラミレス
[場]マドリード スペイン国立バレエ団スタジオ

[問]http://balletnacional.mcu.es