2017年7月21日金曜日

ヘレスのフェイスタ・デ・ラ・ブレリア50周年

今年で50周年を迎えるヘレスのフィエスタ・デ・ブレリア。
このフェスティバルの創始者で昨年亡くなったフラメンコ研究家フアン・デ・ラ・プラタへのオマージュ。
日程のみはヘレスのフェスティバル開催時に発表されたのだが、そのプログラムがようやく発表された。最終日を除いて、若手中心のプログラム。


最終日は満員になるかも?な豪華な出演者だけれど、24と25は有名なアルティスタもなく、動員がちょっと不安との声もある。

◇フィエスタ・デ・ブレリア
8/24(木)22時「金婚式」
[出]〈c〉ホセ・モントージャ、マヌエル・デ・カンタローテ、エセキエル・ベニテス、マヌエル・デ・ラ・フラグア、ペリーコ・エル・パニェロ、ルビオ・デ・プルーナ、ニーニョ・デ・ラ・フラグア、フェリパ・デル・モレーノ、レラ・ソト、カルメン・グリロ、〈b〉サライ・ガルシア、ロシオ・マリン、〈g〉フアン・マヌエル・モネオ、ノノ・ヘロ、ホセリート・デ・プーラ,〈palmas〉フアン・ディエゴ・バレンシア、カンタローテ、ホセ・ルビチ、〈perc〉カルロス・メリノ
8/25(金)22時「ヘレス、カディス・イ・ロス・プエルトス、ア・カマロン」
[出]〈c〉ホセ・ガルベス、ダビナ・ハエン、アンヘル・パストール、ニーニョ・デル・パルケ、セル・デ・プエルト、ナサレ・カラ、ラウル・ガルベス、カルメン・デ・ラ・ハラ、〈b〉ダビ・ニエト、マカレーナ・ラミレス、〈g〉ビクトル・ロサ、ニーニョ・デ・ラ・レオ、〈piano〉セルヒオ・モンロイ他
8/26(土)22時「ラ・ティエラ・イ・エル・カンテ」
[出]〈c〉フアナ・デル・ピパ、マリア・テレモート、ドローレス・アグヘータ、ルイス・モネオ、アントニオ・マレーナ、ホセ・エル・ミヒータ、ランカピーノ・イーホ、〈b〉マリア・デル・マル・モレーノ、ホアキン・グリロ、〈g〉マヌエル・パリージャ、ディエゴ・デル・モラオ、ぺぺ・デル・モラオ、〈perc. palmas〉アネ・カラスコ、フアン・ディエゴ・バレンシア、アレハンドロ
[場]ヘレス アルカサル
[料]20ユーロ
[問]www.jerez.es

2017年7月20日木曜日

ヘレスのビエルネス・フラメンコス

ヘレスのビエルネス・フラメンコスがいよいよ始まる。
今年は若手中心のプログラム。
でも、フアン・ビジャールとニーニョ・ヘロのベテラン・デュオも出演。



◇ビエルネス・フラメンコス
7/21(金)22時
[出]〈c〉フェリパ・デル・モレーノ、レラ・ソト、ロサリオ・エレディア、エンリケ・レマチェ、〈b〉フェルナンド・ヒメネス、〈g〉マヌエル・ヘロ、フェルナンド・デ・ラ・モレーナ・イーホ
7/28(金)22時
[出]〈c〉ルイス・モネオ、エバ・ラ・デル・ルビチ、エル・トロ、〈b〉アナ・マリア・ロペス、〈g〉フアン・マヌエル・モネオ、ディエゴ・ルビチ
8/4(金)22時
[出]〈c〉フアン・ビジャール、アナベル・バレンシア、フアン・ララ、〈b〉サライ・ガルシア、〈g〉ニーニョ・ヘロ、フェルナンド・デ・ラ・モレーナ・イーホ
8/11(金)22時
[出]〈c〉ランカピーノ・チーコ、エル・デ・ヘレス、タマラ・タニェ、〈b〉カルメン・エレーラ、〈g〉パコ・レオン
[場]ヘレス アルカサル

[問]http://www.jerez.es/

2017年7月19日水曜日

パコ・デ・ルシア国際ギターの出会い アルカンヘル、ホセ・マリア・バンデーラ「カンシオン・アンダルーサ」


 パコ・デ・ルシアが亡くなった2014年に彼の生まれ故郷アルヘシラスで始まったフラメンコ、ギター祭、パコ・デ・ルシア国際ギターの出会い。
今年も7月17日から1週間にわたり開催。
初日はウルスラとタマラ・ロペス姉妹の新作「バイランドテ」

私が観たのは2日目、アルカンヘルとホセ・マリア・バンデーラのダブルヘッダー。

 アルカンヘルはダニ・デ・モロンの伴奏、マラゲーニャス+アバンドラオからタンゴ、カンテス・デ・レバンテ、シギリージャ、グラナイーナのギターソロ、アレグリアス。

いつもながらの伸びのある声、豊かな表現力で観客を魅了した。



休憩を挟んでの第2部では地元アルヘシラス出身、ホセ・マリア・バンデーラが叔父パコ・デ・ルシアの遺作「カンシオンン・アンダルーサ」を世界初演。


タブラオやスペイン国立バレエ団、またパコとカニサーレスとのトリオ、パコのセクステット、サラ・バラス舞踊団などで活躍した実力派。


圧倒的なテクニックで、パコの世界を再築し、観客を魅了した。
パコの演奏技術だけでなく、間合いや呼吸をも会得しているのは彼くらいだろう。


ホセ・マリアの母マリアはパコの姉で、幼いパコの面倒を見ていたのだという。パコが子供の頃に聞いた歌たちはホセマリの思い出の歌でもある。

最後にはアルカンヘルが登場し、「テ・エ・デ・ケレル・ミエントラス・ビバ」を歌う。
アルバムではエストレージャが歌っていた曲だ。
歌が入るとより素晴らしい。アルカンヘルの声質も作品の世界観にもあっている。


なお、フェスティバルでは19にちにミゲル・ポベーダ、20日にアル・ディ・メオラ、21日にトマティート、22日にディエゴ・カラスコやカプージョなど、ヘレスの面々の公演が行われる。


2017年7月18日火曜日

キケ・パレデス逝く

ギタリスト、キケ・パレデスが亡くなった。62歳。手術中に心停止になったとのこと。

1955年セビージャ生まれ。アントニオ・オスーナに学び、タブラオ等で活躍。後、各地のフェスティバルなどで歌伴奏で活躍。
ソロアルバムの録音もある。

交通事故で重傷を負い若くして引退した。冥福を祈る。

2017年7月14日金曜日

カラロenマラガ

アントニオ・カナーレス


ハビエル・ラトーレ

イレーネ・ロサーノ


この3人が踊る「カラロ」。
カナーレス、ラトーレ、ロサーノの
マラガ出身で現在スイスに住むバイラオーラ、イレーネがスイスで初演した作品のスペイン初演は彼女の出身地マラガのビエナルで。
プレセンタシオンのマルティネーテから、イレーネのファルーカへ。
ハビエルとイレーネのエンリケ・モレンテ「オメガ」からのデュオ

 カナーレスのシギリージャは歌もギターもうまくいかず、やり直したり、という。。。

 タンゴでイレーネと。
 ラトーレはアレグリアス。
 イレーネはソレア。
 そして最後は3人でクラシコ。




ラトーレの優雅さとカナーレスの貫禄。
師の助けを借りて一歩前に進もうとしているイレーネ。うまいし、なんでもそつなくこなすのだが、師を食うような迫力や個性までは残念ながらまだ届かず。
よくまとまっているし、二人のマエストロがやっぱりいいから、もう一度くらい見たいかな。

2017年7月10日月曜日

コルドバギター祭ホセ・アントニオ・ロドリゲス

7月9日、コルドバのギター祭も最終日。
グランテアトロではコルドバ出身のホセ・アントニオ・ロドリゲスのリサイタル「マンハッタン・デ・ラ・フロンテーラ」
ビセンテ・アミーゴより3歳年上の1964年生まれ。
81年にラ・ウニオン、82年にヘレスのコンクールで優勝。84年にコルドバ音楽院フラメンコギター科を卒業し、同校教授に。86年にはコルドバのコンクールで優勝。88年にはソロアルバムをリリースした実力派。
後、マリオ・マジャやマリア・パヘスに楽曲提供したり、オーケストラと競演したりと多方面で活躍。その彼が98年に発表した「マンハッタン・デ・ラ・フロンテーラ」と同じタイトルだが、内容は、タイトル曲以外は新曲中心。

サパテアード、ブレリア、ファルーカ、ルンバ、グラナイーナ、ソレア。
フラメンコの曲種を様々に旅する。
それを彩る、ビデオ映像もコルドバ出身の写真家の作品。
コルドバのコンクールで優勝したクリート、ニーニョ・セベら、4人のコルドバ出身の若手ギタリストをフューチャーした「フィエスタ・デ・ロコ」
彼が言うように、来年は彼ら若手のリサイタルも見たいものだ。

ルンバ、タンゴ、アンコールに応えて二人羽織風に弾いて、最後は舞台の縁に腰掛けて一人で演奏し、客席に消えていくという演出。

ギターリサイタル、というと、つまんない、飽きてしまう、という人も、映像や構成で楽しまそうとする試み。最後は照明がロックコンサートも然りというほど派手すぎて、ちょっと引いてしまったが、それ以外は面白いコンサートだった。



2017年7月8日土曜日

ベニート・ガルシア舞踊団コルドバ公演

7月7日、七夕の日に、コルドバのローマ橋のたもとにあるカラオラの党の下の特設舞台で行われたベニート・ガルシア舞踊団公演「標」
愛に溢れた、素晴らしい舞台だった。

1977年コルドバ生まれ。1994年小松原庸子に見出され、99年から日本を本拠に活躍するこのダンサーの故郷コルドバへの愛、家族への愛、フラメンコへの愛、日本への愛。それが日本人ダンサーたちのフラメンコへの愛、師への敬愛、ミュージシャンたちのベニへの敬意と同志愛、観客たちのベニへの、その生徒たちへの優しい思い。すべてが一体となって作り上げられたこのひととき、この場にいた人はきっと忘れないだろう。

オープニング、サパテアードから


 見事なアンサンブルに支えられ

音楽監督を務めたリキ・リベラのギターソロのグアヒーラも

続くバタ・デ・コーラの二人を含む群舞でのアレグリアスも

 続くソレアも
 アラブ楽器、ウードとカヌーンを使ったインストゥルメンタルも
タラントも
 ベニの思いが詰まったソロのファルーカも。

群舞の衣装や彼の衣装の一部に着物がアレンジされていたり、最後は着物を羽織って踊るなど、日本への思いも強く感じられた。遠くにいても忘れたことはない故郷と今や自分の一部ともなっている日本。二つの故郷に引き裂かれそうになりつつもフラメンコへの大きな愛で生徒たちを育んでいく。
そしてその生徒たちは、きっと大変な稽古をしてきたのだろう。表情も含めて表現しようという意欲にあふれ、“今この時” を全力で楽しんでいる。

構成も音楽も振付もきちんとしていて、ひやかし気分できたとしたら度肝を抜いたに違いない。

ベニさんおめでとう。あなたの愛は、コルドバにも、フラメンコにも、生徒たちにも、きちんと伝わっています。


追記
群舞、と書いたけど、舞踊団メンバーはそれぞれが主役!という感じで、本当にいい顔で踊ってました。ベニが考え抜いたであろう、どんどん変わっていくフォーメーション、計算された静止ポーズ、掛け声、歌…。全心全力で向かって行って勝利をつかんだ、という感じ。